扶養と勤労学生控除

自分の小遣いや生活のためにアルバイトをしている学生で、親から「1年で103万円以上の収入を得ないように働きなさい」と言われている人もいることでしょう。そう言われる理由は、103万円以上の収入があると、親の扶養から外れてしまうからです。親は子どもを扶養することにより、税金の優遇を受けていることがあるので、子どもが103万以上の収入を得て扶養を外れてしまうと、その優遇措置が無くなってしまいます。そうすると親の税負担が増えてしまう上に、子どもが扶養から外れた際の手続きが求められます。非常に手間がかかる上に税負担は増えるというデメリットがあるため、親は103万円以内にしてくれと言ってくるのです。

ただし親の扶養を考えずに学生個人で考えた場合には、103万円から130万円に上限を伸ばし、税金対策をすることはできます。それは勤労学生控除です。この制度は、学生であれば収入が103万円を超えてしまっても、130万円までであれば所得税の免除を受けられるというものです。もちろん、勤労学生控除が受けられる制限はあるため、適用対象となっている学校かどうかは、自分が通っている学校に確認する必要があります。ただし、勤労学生控除が適用されていても、収入が103万円を超えていれば親の扶養は外れてしまいます。そうすると、親は今まで免除されていた扶養者控除分の税金を負担するようになる為、家族全体で見ると損することになります。

学生がアルバイトで収入を得る場合には、扶養控除についてしっかり理解し、どういった扱いで働くのかということを家族でしっかり話し合っておくようにしましょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です