ポピュラーな税金対策

アルバイトでも103万円以上の収入がある場合は確定申告が必要です。そのため、アルバイトの税金対策というと、一般的には収入を103万円以下に抑えることだと思われています。これは間違いではありませんが、他にも節税する方法はいくつかあります。また、給与以外に収入がある人の場合には、給与所得が103万円以下であっても確定申告が必要になるので注意が必要です。

節税対策として最も簡単に行えるのは、扶養控除を受ける方法です。その名の通り、扶養家族がいる場合に控除を受けられるものです。この控除を多く受ければ受けるほど、支払わなければならない税金は安くなります。しかし、扶養控除は扶養家族がいるからといって必ず受けられるものではありません。扶養家族がいる場合は、まず自分が扶養控除を受ける条件を満たしているかを確認することが大切です。控除を受けるための条件はいくつかありますが、最も大切なのは年齢です。扶養家族が16歳以上であることが必須となります。また、アルバイトをしている人と扶養家族は一緒に暮らしている必要があります。

他にもいくつか条件がありますが、注意しなければならないのは家族自体の収入です。収入が一定額以下でなければいけません。具体的には、年間の所得が38万円を超えてはいけません。これらの条件を満たしている場合は、確定申告書にその旨を記入することにより扶養控除を受けることができます。知らない人が多いですが、家族を扶養している場合はぜひ利用したい制度です。特に扶養家族が複数いる場合は大きな税金対策になるため、正しい知識を身につけておきましょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です